その他の酸化ストレスに関連する疾患

水素ガス吸引は複数菌感染による敗血症を予防
学術雑誌名 Shock , 2010 Jul.; 34(1), 90-97
表題 Protective effects of hydrogen gas on murine polymicrobial sepsis via reducing oxidative stress and HMGB1 releaase(水素ガスは酸化ストレス並びにHMGB1放出の抑制によりマウスの複数菌感染による敗血症に対し予防効果を示す)
著者 Keliang Xie et al(天津医大他)
概要 最近の抗菌剤による治療法の進歩にもかかわらず敗血症は集中治療室での治療において最も普遍的な死因である。敗血症の病因には過剰な活性酸素産物(ROS)が重要な役割をしている。近年、分子水素(H2)が最も細胞毒性の高いヒドロキシラジカル(・OH)を選択的に還元して抗酸化作用による治療効果をしめし、虚血再環流による臓器傷害を防止することも分かってきた。したがってH2は敗血症に対しても有効な治療法になることが期待できる。本研究ではマウスの盲腸結さつと穿刺(CLP)後1及び6時間後にH2吸引療法を施した結果敗血症による生存率が水素の濃度および処置時間に依存して有意に改善することが分かった。さらに、適度なあるいは過酷なCLP処置24時間後に発症する敗血症では肺の酵素のmyeloperoxidase活性の増加、気管支肺胞の湿・乾燥比、及びたんぱく濃度、血清生化学マーカー、病理組織スコアの増加等が認められ有意な多臓器障害が生じるが2%の水素ガス吸引処置によって症状は有意に改善された。さらに水素ガス吸引による敗血症と多臓器障害に対する効果は血清や組織中のRCSの減少、抗酸化酵素の上昇及びHMBG1レベルの減少に拠っていることが分かった。このように水素ガス吸引法は敗血症患者の有効な治療法になることが期待される。
水素水は騒音による聴覚障害を改善
学術雑誌名 Neurosci. Lett.,(2010), doi:10.1016/j.neulet.2010.09.064
表題 Hydrogen in drinking water attenuates noise-induced hearing loss in guinea pigs(水素水飲水によりモルモットの騒音による聴力障害が改善される)
著者 Y. Lin et al (西安・西京病院、東大)
概要 分子水素は最も有害な活性酸素種(ROS)を選択的に還元することにより治療あるいは予防に有用であることが知られている。本研究ではモルモットを通常水投与群と水素水投与群に分けてそれぞれの投与3時間前に115dB SPL 4-kHzオクターブ帯の騒音をかけて両群を14日間観察して水素水の効果を検討した。各動物は聴覚脳幹反応(ABR)および歪成分耳音響放射(DPOAEs)を処置前とその直後および1,3,7,14日後に測定した。通常水投与群に比較して水素水飲水群では2、と4HzにおけるABRの閾値が騒音負荷後1,3,および14日後に有意に改善された。さらに、通常水群に比べて水素水飲水群では騒音負荷後3、及び7日後に回復期におけるDPOAEsの入出力成長機能が有意に増強された。これらの結果から水素は聴覚有毛細胞の機能回復を促進し、騒音で誘発される一時的な聴力失調を改善することが示唆された。
ヒトの腸内における水素ガスの産生は腸内細菌の環境が大切
学術雑誌名 The New England J. Med., Vol. 281, No.3, p122-127(1969)
表題 Production and Excretion of Hydrogen Gas in Man(人における水素ガスの産生と排泄) 
著者 M.D. Levitt ( ボストン医科大学、ミネソタ大学医学部)
概要 腸内に注入したガスの濃度を測定する技術を利用してヒトの腸内で産生される水素ガス(H2)量の研究を実施した。 10人の健常被検者を対象として腸内の水素ガス(H2)産生を調べた結果0.06~29mlのばらつきがあった。空腹状態では水素ガス(H2)産生は平均0.24ml/分であったが腸に乳糖を注入すると平均ピーク速度は1.6ml/分に急増した。
水素水(電気還元水)の延命効果
学術雑誌名 Biosci. Biotechnol, Biochem., 74(10), 2011-2015(2010)
表題 Extension of the Lifespan of Caenorhabditis elegans by the Use of Electrolyzed Reduced Water(電気還元水の使用により線虫C.elegansの寿命が延びる) 
著者 H. Yan et al. (九州大学、日本トリム) 
概要 電気還元水(水素水)については多くの医療用途の報告があるが本研究では線虫のC. elegansを用いてその延命効果について検討した。 電気還元水を含む培地で線虫を培養すると超純水培地に比べて11~41%の延命効果が認められた。
市販水素水飲水と吸収速度
学術雑誌名 Biomaker Insights 2009 : 4 , 27-32
表題 Breath Hydrogen Produced by Ingestion of Commercial Hydrogen water and Milk (市販水素水及びミルク摂取によって生じる呼気中の水素) 
著者 A.Shimouchi et al ( 国立循環器病センター、名古屋大) 
概要 成人が蒸留水、市販水素水、ミルクを摂取したときの呼気中の水素濃度を測定した。 水素水摂取によって、呼気中の水素濃度は10~15分でピークの 40ppm に達し、その後急速に減少した。水素濃度は飲水中の濃度に比例した。 蒸留水飲水では、呼気水素濃度に変化は無かった。 ミルク不耐性の被験者がミルクを摂取した場合では、呼気中の水素濃度は遅れて徐々に検出され、540分後に 164ppm に上昇した。水素濃度は、腸内の非吸収性炭水化物発酵を反映する事を確認した。
水素水は活性酸素から聴覚有毛細胞を守る
学術雑誌名 NeuroReport 20:689-694
表題 Hydrogen protects auditory hair cells from free radicals(水素水は活性酸素による聴覚有毛細胞の障害を防止する)
著者 Keliang Xie et al(天津医大他)
概要 活性酸素種(ROS)は、老化、騒音傷害、或いは耳毒性薬によって生じる、聴覚有毛細胞の崩壊に重要な役割を有する。 水素添加反応は、生物の基本的な酸化/還元反応である。 本研究では、水素がROSによって惹起される、聴覚有毛細胞の障害を防止するか否かを検討した。 マウスの聴覚上皮細胞を培養し、アンチマイシンAでROSを産生させて、水素飽和培地を用いて溶存水素がROS傷害を防止する事を確認した。 ROSの低下とともに、ROSで誘導される脂質の過酸化も減少し、細胞の生存率が上昇した。これらの結果は、水素が聴覚有毛細胞をROSから守る事を示している。