消化器疾患 – 腸疾患

水素溶解食塩水がラット小腸の虚血再灌流傷害で生じる小腸の構造的変化を予防
学術雑誌名 J. Sur. Res., Vol.167, 2, P316-322, 15May 2011
表題 The effects of hydrogen-rich saline on the contractile and structural changes of  intestine induced by ischemia-reperfusion in rat(水素溶解食塩水がラットの腸虚血再灌流によって生じる小腸の収縮性及び構造的変化に対する効果)
著者 Han Chen et al.(上海第二軍医大ほか)
概要 方法:分子水素が新たな抗酸化物質として種々の臓器において虚血再灌流(I/R)傷害を予防することが報告されている。本研究では、KClに対する小腸平滑筋収縮反応並びに小腸虚血再灌流傷害における上皮細胞の増殖促進作用およびアポトーシスに対する水素溶解生理食塩水の作用を検討した。SDラットを用いて腸虚血再灌流傷害のモデルを作成した。ラットを次の4群に分けて水素の効果を検討した①偽手術群、②虚血再環流群、③虚血再環流+生理食塩水群、④虚血再環流+水素豊富生理食塩水群。虚血は45分行い、再環流の30分前に尾静脈より食塩水を投与処置した。水素豊富生理食塩水は(>0.6mM,6ml/kg)を生理食塩水は(5ml/kg)をそれぞれ投与した。虚血再環流後空腸のサンプルを切除しKClに対する平滑筋収縮反応を検討した。合わせて活性酸素産物であるマロンジアルデヒドと酵素のmyeloperoxidase活性を測定した。小腸上皮細胞のアポトーシスはTUNEL法によった。細胞増殖促進作用は免疫法によって細胞核抗原のPCNAを調べた。 結果:水素豊富生理食塩水処理によって小腸の虚血再灌流(I/R)傷害は有意に改善され、アポトシスの阻害と腸細胞の増殖が認められた。合わせて好中球の浸潤や脂質酸化が抑えられ、KClに対する小腸平滑筋収縮反応も軽減した。これらの結果は水素豊富生理食塩水が小腸の虚血再環流による小腸の収縮不全や障害を抑制する作用があることを示した。この水素の防御作用は虚血再環流による酸化ストレス並びにアポトシスの抑制及び上皮細胞の増殖促進作用によるものと考えられる。
水素は結腸の炎症を予防
学術雑誌名 Biochem. Biophys. Res. Comm.(2009),doi:10.1016/j.bbrc.2009.05.117 
表題 Hydrogen mediates suppression of colon inflammation induced by dextran sodium sulfate(水素はデキストラン硫酸で起こした結腸の炎症を抑制)
著者 Mikihito Kajiya et al (所属機関 The Forsyth Institute, Boston)
概要 分子状水素が、その抗酸化作用によって虚血―再還流による障害を予防する事が知られている。 本報告では、水素の抗炎症作用を調べる為に、ヒトの炎症性腸疾患のモデルマウス、即ち、(1)5%デキストラン(DSS)群、(2)DSS+水素群、(3)水素群の3群を設けて、水素溶解水の効果を検討した。 病理所見、体重減少、大腸炎指数、患部の炎症性サイトカイン等の指標が、水素水飲水により有意に改善し、DSSによって起こるマクロファージ浸潤を伴う、腸組織の障害も明らかに抑制され、水素水の有効性が認められた。
水素水は腸虚血に有効
学術雑誌名 Free Rad. Res.,May 2009;43(5):478-484
表題 Hydrogen-rich saline protects against intestinal ischemia/reperfusion injury in rats(水素溶解食塩水がラットの腸虚血再潅流障害を防止する。)
著者 Zheng X, Mao Y, Cai J, Li Y, Liu W, Sun P, Zhang JH, Sun X, Yuan H(中国人民解放軍火傷外科手術研究所、及び中華人民共和国上海第二軍医大学上海病院火傷外科手術科)
概要 水素ガスが活性酸素種を減少させ、脳、心筋、及び肝臓虚血再潅流(I/R) 障害を緩和するという報告がある。 本研究では、腸虚血再潅流障害に対して臨床応用が容易な水素溶解生理食塩水の作用を検討した。雄のSDラットを用いて腸虚血再潅流障害のモデルを作成した。生理食塩水、水素豊富生理食塩水、窒素豊富生理食塩水(5ml/kg)をそれぞれ再潅流10分前に静脈内投与した。 鏡検的に腸障害が観察され、腸虚血再潅流(I/R)障害後、Chiu採点システムにて評価した。加えて、腸虚血再潅流(I/R)障害によって、血清DAO活性、TNF-α、IL-1β、IL-6レベル、細胞MDA、たんぱくカルボニル、MPO活性が著しく増加した。 窒素豊富生理食塩水で処置した動物では顕著な減少は認められなかったのに対し、水素溶解食塩水はこれらのマーカーを著しく抑制し、形態学的にも腸障害を減少した。 本研究において、水素溶解食塩水は、炎症や酸化ストレスを減少させることにより、小腸を虚血再潅流障害から保護することが示唆された。